rink-1.gif rink2.gif jusyo.jpg

2007年12月25日

お部屋探しの最初の一歩!

佐賀県の、しかも佐賀市とその周辺市町村で「いいお部屋」を探したいと思っているあなたへのアドバイスを申し上げます。

 その前に、ひとつ考えてみて下さい。

 私たちのサイトには、ソロンが持っている空き物件情報のほとんど全部が公開されています。
 ではなぜそこに「希望条件登録」という画面があるのか、理由をご存じでしょうか? なぜ「メール問い合わせ」のリンクがあるのか、お分かりでしょうか?

 説明しましょう。

 地域の不動産業者の間では、その地域の空き物件の情報はほぼ完璧に共有されています。業者は全て、どこのアパート・マンション・一戸建てが空いているのか、基本的に全て把握出来てます。

 これはどういうことかというと、情報がきちんと共有されていれば、どの業者も基本的に紹介できる物件の質・量にはさして違いはなくなってくる、という結果になって現れるわけです。

 ではそうなると、「不動産屋ならどこに行っても同じ」なのでしょうか?

 これもまた違います。

 不動産屋は、賃貸・売買いずれでも「仲介手数料」を頂いて生計を立てております。
 この手数料は家主さん・物件によって違いますが、自分たちが仲介契約を結んでいる物件を紹介すると「仲介手数料」は満額自分たちで頂戴することが出来ます。
 いっぽう、他社の仲介物件を紹介した場合、手数料は他社と自社で折半となるのが普通です。
 ということは、自分が持っている物件をご紹介して、お客さんに契約してもらった方が、手数料は多く入ってくることになるわけです。

 にもかかわらず、少しでも良心的な不動産屋はこう考えます。

 「お客さんの求める条件に合うお部屋なら、自分の物件でなくても紹介してみよう」

 あなたは、「どこに行っても同じ」と思わずに、何よりも良心的な不動産屋に行くべきなのです。

 しかも、こうした不動産屋は、あなた自身も気づいていないお部屋選びの基準を教えてくれ、地域・間取りや家賃敷金といったカタログ情報だけでは分からない、地元に暮らす人間ならではの貴重な情報を教えてくれるでしょう。

 「希望条件登録」や「メール問い合わせ」は、言ってみれば入口なのです。

 お客様であるあなたのニーズは、あなた自身が気づいていないところに隠れているかもしれない。
 お部屋探しのご相談に応じる中で、あなたが一番優先すべきお部屋の条件は何か? 良い不動産屋はそれを見つけ出そうと一生懸命になります。

 良い物件を探したいあなたは、もしメール問い合わせを送るとすれば当然、複数の業者に当たられているでしょう。そのリアクションのメールの文面に、上に記したような不動産屋の真摯な姿勢が見えているかどうか、じっくりと読み比べてみて下さい。
 あるいは、電話をかけたときに、まだ名前も連絡先も言わないあなたの相談に真剣に乗ってくれたでしょうか? 「真摯な姿勢」が見えていましたか?

 実はそんなところから、あなたの「良いお部屋選び」は始まっているのです。

 良いお部屋選びは、「良い業者選び」から。これを忘れないで下さい。

 ……出来れば、私たちソロンにも是非お問い合わせを……「良い業者」らしく精一杯頑張ってますm(_ _)m
posted by ソロン at 23:22 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
p6bh